税理士法第一条

税理士は、税務に関する専門家として、
独立した公正な立場において、
申告納税制度の理念にそって、
納税義務者の信頼にこたえ、
租税に関する法令に規定された
納税義務の適正な実現を
図ることを使命とする。

独立した公正な立場とは

元東京地方裁判所判事、
松沢智著「税理士の職務と責任」より

税理士は決して法律ではない、
国税庁長官の税務署職員に対する訓令である
「通達」に拘束されてはならない。
法の根底に正義があり、
正義に基づく法の解釈はそもそも条理、
常識を根本とすべきであるのが
法律家の一般通年であるから、
従って税理士は「通達」が
自ら公正な立場において常識に
反する確信すれば、果敢にその是正を求めて、
国税当局においてこれに応じなければ、
不服申し立てをして争っていくのが
法律家の任務なのである。
申告納税制度は、租税法に関する
第一次的解釈権を国民に与えている。
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

宮崎一博税理士事務所

税金快決。
売上げを伸ばす的確な判断をご提案。
先を見据えた経営の強い見方になる税務指導。
<< 税とは | main | キス釣り >>
釣りに行ってきました。
0
    私は釣りバカです(笑)

    休みの日に釣りをすることで、
    頭を空っぽにして
    楽しみに集中できるので、
    週末が楽しみでならないほど、
    釣りに嵌ってしましました。

    先週末は車で約30分のところにある、
    お気に入りの釣り場へ
    行ってきました。

    早朝から友達と待ち合わせをして、
    釣り場へGOです!

    今回私はチヌを3匹。
    友達はチヌ1匹と鯛を2匹釣り上げました。



    友達が釣った魚はだいたいくれるので、
    大漁のような気分で
    家に持って帰って、
    妻に料理してもらいます。

    今回は鯛の塩焼きとチヌの刺身で
    最高の夕飯でした。

    こういう日々に感謝です。
    | TAX君日記 | 10:31 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    すごい!!
    | フー | 2011/09/16 1:57 AM |










    http://blog.miyazaki-k.net/trackback/1185871