税理士法第一条

税理士は、税務に関する専門家として、
独立した公正な立場において、
申告納税制度の理念にそって、
納税義務者の信頼にこたえ、
租税に関する法令に規定された
納税義務の適正な実現を
図ることを使命とする。

独立した公正な立場とは

元東京地方裁判所判事、
松沢智著「税理士の職務と責任」より

税理士は決して法律ではない、
国税庁長官の税務署職員に対する訓令である
「通達」に拘束されてはならない。
法の根底に正義があり、
正義に基づく法の解釈はそもそも条理、
常識を根本とすべきであるのが
法律家の一般通年であるから、
従って税理士は「通達」が
自ら公正な立場において常識に
反する確信すれば、果敢にその是正を求めて、
国税当局においてこれに応じなければ、
不服申し立てをして争っていくのが
法律家の任務なのである。
申告納税制度は、租税法に関する
第一次的解釈権を国民に与えている。
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

宮崎一博税理士事務所

税金快決。
売上げを伸ばす的確な判断をご提案。
先を見据えた経営の強い見方になる税務指導。
<< サヨリを釣りました | main |
中小企業のアジアの活用
0
    鹿児島の人口は減っていきます。このままでは、何の商売をやっても、よっぽど気の利いたことをやらなければ、売上を増やすことはできません。そこで、当事務所は、東南アジアまで視野を広げることによって売上を増やすことを提案しています。まずは、中国人、台湾人、韓国人を対象にした、免税店ショップの開設。それから、ベトナム人等の外国人技能修習生の受け入れ。次に、貿易(輸出入取引)。最後は、東南アジアへの進出です。東南アジア諸国は、日本に比べると、まだ、まだ遅れている部分があります。だからこそ、ビジネスチャンスがあります。逆にシンガポールとかは、進んだ国で、シンガポールに統括会社を設けて、全世界に事業を展開することもできます。当事務所では、最新ニュースの所にも記載しておりますが、9月15日から9月18日まで、シンガポールツアーを企画いたします。興味のある方は是非、お問合わせください。
    | 経営戦略 | 16:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.miyazaki-k.net/trackback/1187878