税理士法第一条

税理士は、税務に関する専門家として、
独立した公正な立場において、
申告納税制度の理念にそって、
納税義務者の信頼にこたえ、
租税に関する法令に規定された
納税義務の適正な実現を
図ることを使命とする。

独立した公正な立場とは

元東京地方裁判所判事、
松沢智著「税理士の職務と責任」より

税理士は決して法律ではない、
国税庁長官の税務署職員に対する訓令である
「通達」に拘束されてはならない。
法の根底に正義があり、
正義に基づく法の解釈はそもそも条理、
常識を根本とすべきであるのが
法律家の一般通年であるから、
従って税理士は「通達」が
自ら公正な立場において常識に
反する確信すれば、果敢にその是正を求めて、
国税当局においてこれに応じなければ、
不服申し立てをして争っていくのが
法律家の任務なのである。
申告納税制度は、租税法に関する
第一次的解釈権を国民に与えている。
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

宮崎一博税理士事務所

税金快決。
売上げを伸ばす的確な判断をご提案。
先を見据えた経営の強い見方になる税務指導。
<< 安易な値引きはご用心 | main | 帳簿は誰のためにつけるのでしょうか? >>
複式簿記はいつ発案されたの?
0
    会計といえば複式簿記ですが、複式簿記はいつ発案されたのでしょうか。今から514年前の1494年ルネサンス華やかなりし頃のイタリヤ・ベネチアで、数学者である修道僧のルカ・パチオリによって発案されました。パチオリの簿記書には、その冒頭に「商売繁盛には三つの条件がある」と書かれていたそうです。
    商売繁盛の三条件
    1.十分な資金力を持たなければならないこと。
    2.会計業務に携わる者は誠実さや廉潔性を保ち、かつ熟達した技能を持っ  ていなければならないこと。
    3.すべての取引を秩序正しく適切に記帳処理しなければならないこと。
    | 経営戦略 | 21:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    トラックバック機能は終了しました。