税理士法第一条

税理士は、税務に関する専門家として、
独立した公正な立場において、
申告納税制度の理念にそって、
納税義務者の信頼にこたえ、
租税に関する法令に規定された
納税義務の適正な実現を
図ることを使命とする。

独立した公正な立場とは

元東京地方裁判所判事、
松沢智著「税理士の職務と責任」より

税理士は決して法律ではない、
国税庁長官の税務署職員に対する訓令である
「通達」に拘束されてはならない。
法の根底に正義があり、
正義に基づく法の解釈はそもそも条理、
常識を根本とすべきであるのが
法律家の一般通年であるから、
従って税理士は「通達」が
自ら公正な立場において常識に
反する確信すれば、果敢にその是正を求めて、
国税当局においてこれに応じなければ、
不服申し立てをして争っていくのが
法律家の任務なのである。
申告納税制度は、租税法に関する
第一次的解釈権を国民に与えている。
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

宮崎一博税理士事務所

税金快決。
売上げを伸ばす的確な判断をご提案。
先を見据えた経営の強い見方になる税務指導。
<< 事業承継問題について思うこと | main | 離婚による住宅の共有持分の追加取得と住宅取得減税 >>
一時休業手当に対する助成金制度
0
    法人会の情報誌から萩原勝先生の文章を引用します。
    仕事が少なくなったときは、一時的に休業することが考えられます。
    従業員の全員或いは一部に対し、自宅待機を指示します。
    一時休業をしたときは、労働基準法の定めるところにより、従業員に対して
    休業手当を支払うことが必要です。
    休業手当は、給与(平均賃金)の6割と定められています。
    厚生労働省(ハローワーク)では、会社が従業員に支払った休業手当の
    一部を助成するという制度(中小企業緊急雇用安定助成金制度)を実施しています。
    助成率は、休業手当の5分の4となっています。
    このため、一時休業をして従業員に休業手当を支払ったときは、
    ハローワークに対して助成金を申請して申請してください。
    | 経営戦略 | 19:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    トラックバック機能は終了しました。